低用量ピルの体重増加と堕胎薬について

ピルには避妊効果があることはもちろん、月経周期の正常化や生理痛の緩和、ニキビ治療などといった目的で使用されることもあります。しかし、ピルを服用したことのある人の中には、体重増加があったという人も多くいます。ピルには2つの女性ホルモンが含まれており、これらは女性の生体内でも作られているのですが、2つが同時に分泌されているのは排卵後から生理がくるまでの間、または妊娠時となっています。つまりピルを飲むことで体を妊娠しているのと同じ状態にすることができるのです。女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、女性らしい身体を作るための作用があり、皮下脂肪がつきやすくなって丸みを帯びた体つきになるということです。また、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンには、食欲を増進させて体に水分を溜め込む作用があると言われています。女性ホルモンにはそのような作用があるため、体重増加があることも考えられます。しかし、最近では低用量ピルが主流となっており、中用量ピルよりも配合されている女性ホルモンの量が少ないため、体重増加などの副作用は置きにくいとされています。もちろん低用量ピルでも食欲の増進などといった作用がありますし、それによって体重が増えてしまうこともあるでしょう。低用量とはいっても避妊効果が得られるほどのホルモン量が配合されているため、体には何らかの影響が出てもおかしくないのです。低用量ピルを正しく服用していれば、望まない妊娠を避けることができますし、堕胎薬などを使用する必要もありません。堕胎薬は服用することによって人工妊娠中絶をするというものです。この堕胎薬は高い確率で中絶が成功するということですが、けいれんや出血などといった副作用が出やすいと言われているため、あまり使わない方が良いでしょう。

ページトップへ