低用量ピルの子宮筋腫への作用について

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、子宮の内側や外側、筋肉内などさまざまな場所にできます。女性ホルモンのエストロゲンによって大きくなり、閉経後には小さくなります。最も多い症状は、生理の出血が多くなることで、生理痛や腰痛、頻尿など、子宮筋腫の発生する部位や大きさによってさまざまな症状が見られます。不妊症や流産、早産の原因になることもあります。
子宮筋腫の治療では、大きい場合には手術によって子宮を全部取ったり、筋腫だけをくり抜く方法をとりますが、大きくない場合には薬物療法で対処します。子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなりますので、女性ホルモンを抑えて閉経状態にする薬が使われますが、半年間しか治療が行えないので、手術前などに一時的に使用します。
低用量ピルは、対症療法の一つで、子宮筋腫自体を小さくすることは出来ませんが、含まれている女性ホルモンの作用で生理の出血が減り、生理痛が改善します。また、儀閉経療法では更年期症状の副作用が出ますが、低用量ピルでは副作用が少ないため、利用しやすいというメリットがあります。
低用量ピルには、排卵を抑える作用だけでなく、子宮内膜が厚くなるのを防ぐ作用もあります。このため、出血量が減って、子宮内膜に多く見られるプロスタグランジンという生理痛の原因となる物質が減り、生理痛が軽減します。子宮筋腫だけでなく、子宮内膜症の症状も改善することが知られています。
子宮筋腫による月経困難症に治療では、保険適用の中用量ピルが処方されることがりますが、副作用が強い場合には、保険適用外になりますが低用量ピルを使用するとよいでしょう。また、医師の指導のもと、経過観察をしながら服用を続けることも大切です。

ページトップへ