女性のマナーである低用量ピルタイプと再開のタイミング

低用量ピルは頑張る女性をサポートする大切な医薬品ですので、
切らす事なく定期的に補充し、毎日のライフスタイルにきちんと取り入れましょう。
低用量ピルには主に二つの量が用意されています。
まず一つ目は、21錠の製品があります。このタイプの低用量ピルは、偽薬効果のお薬がゼロです。
全て避妊の効果を持つ錠剤であり、生理が現れてから一日一回、21錠を使用し続けなければいけません。
そして、飲み終えた後、一旦一週間のお休みを経て、再び21錠の製品の使用を再開する、それが正しい服用スタイルになります。
ちょっと使い慣れるまでには工夫が必要ですが、全てリアルのピルですから、
特に偽薬効果などを気にかける事なく、毎日真面目に服用すれば、飲み忘れ等のリスクは回避出来ます。
スマホのアプリやカレンダーを使えば、客観的な管理も可能ですので、休息の期間と再開の時期が把握しやすいです。

そして低用量ピルの二つ目のタイプですが、それは28錠入りの製品になります。
こちらの方式は21錠が本物の避妊薬、そして残った7錠が単なる錠剤です。
使い方は前者の低用量ピルと同様で、生理を受けてからリアルの錠剤を21錠飲み始め、
その後、ダミーの方を一週間に渡り服用するスタイルになります。
そしてダミーを飲み終えたら、本物の方の服用を再開する、といったサイクルです。
低用量ピルを飲み慣れていない方、あるいはお薬のスケジュール管理が面倒という方は28錠入りの方が良いでしょう。

避妊のアイテムとしてはコンドームが有名ですが、男性ばかりに負担を強いるのはマナー違反です。
女子サイドも低用量ピルを続ける事が、健全な性生活のマナーであり、愛する男性の負担軽減になります。
低用量ピルを真面目に続ければ、避妊の確率はとても高く維持出来ますので、
男性側のマナーとされるコンドーム装着をやめても、高確率で妊娠を回避出来ます。

ページトップへ